FANDOM


538 名前: 水先案名無い人:2007/11/09(金) 22:49:49 ID:jcNBCgzS0
別れ話を終えて、駅まで彼が送ってくれた。
「じゃあ、最後に…。目閉じて」と言って、そのまま駅前に放置。
道端で一人、目を閉じたまま立っている彼の姿を想像したら、
別れた直後だというのに笑いが堪えられなかった。
もう9年も経つのに、思い出すと今だに笑える。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki