FANDOM


325 名前: チラシ [sage] 投稿日: 2009/12/24(木) 21:05:42 ID:EMtavBeP0
小学校三年生のときサンタは実在しないのだと悟った
でも「今年はサンタさんに何をお願いするんだ?」と物凄い笑顔で訊いてくる親父に
「サンタなんていねーよ。サンタはてめーだろ。いつまでも子供だませると思ってんじゃねーぞ」
なんて言えるわけがなく、結局、小学校六年生までサンタを信じてる振りをした
多分親父も気付いてたんだろう。気付いてて小学校の間だけは子供に夢を見させてくれたんだと思う

中学に進学すると枕元のプレゼントは当然なくなっ…たりはしなかった
親父、物凄い笑顔で「サンタさん来てくれてよかったなぁ!」
親父の見せてくれる夢は、義務教育機関中は続くらしい

高校に進学すると枕元のプレゼントは流石になくなっ…たりはしなかった
親父、物凄い笑顔で「今年もサンタさん来てくれてよかったなぁ!」

そしてサンタなんていねーよと言えないまま20代突入
枕元のプレゼントは依然としてなくならない
親父は何も気付いちゃいなかった。いや気付いててやってんのか?
今年もサンタ来るのかな。そろそろほんとにどうしよう

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki