FANDOM


930 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/26(金) 18:33:32 ID:KrqxSJ/h
ちょっと前のことなんだが
駅の待合室に、酔っ払いのじいさんがいた。
訳のわからんことをぐだぐだと喚いてたんだが、いきなり手に持ってたシュウマイの包みを、
文庫本読んでた女の子(高校生くらい)にずいっと突き出したんだ。
でも女の子は完璧シカト。
それが気に障ったんだか、じいさんは
「なんだテメェ俺のシュウマイが食えねえのかくぁwせdrftgyふじこ」
とか喚く喚く。
じいさん結構ガタイいいし、これヤバイかも…と腰を浮かしかけたら、
それまで無言だった女の子がすっと顔を上げて、

「ほたえなァ!なんでワシがおまんのシュウマイなんぞ貰わんといかんのじゃ!!」

って。土佐弁で。
でもここ、東北の端っこ。
じいさんポカーン、俺爆笑(女の子スマン

その後じいさんは駅員に連行されてったけど、
おばちゃんに「さっきの凄かったわねー、あなた高知の人?」
って聞かれて
「あっ…いいえ」と答えてた女の子の手にあった文庫本は「竜馬がゆく」でありました。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki