FANDOM


925 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/01/30(金)21:41:57 ID:dVKFcCBG
ホテルのフロントとして働いてるんだが、
先日上品な老夫婦が来て、ダブルの部屋は空いていますかと言ってきた。
ちょうど空きがあったのでチェックインし、部屋に行ったかと思ったら
すぐお婆さんのほうが顔を手で覆いながら小走りで戻ってきた。

「やだやだ、違うのよっツインとダブルって、ツインのほうが寝床が二つなのね?
 間違えちゃったわ、やだやだわ、こんなお婆さんとお爺さんがあんな部屋に
 入ったらおかしいわよね、やだやだ、言ってくださればいいのに~」

とずっと、やだやだ、と顔を真っ赤にしてツインにルームチェンジ。
その後ろをお爺さんが

「いいじゃないか、ホッホッホッ」
「私は気にしないがねホッホッホッ」

とついて歩いてた

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki