FANDOM


739 恋人は名無しさん 2007/03/11(日) 00:06:57 ID:qzgQkNas0
付き合って半年のかなり年下の彼女から夜中に来た電話

彼女「もーしもしっ!!!きゃはははは」
俺「え、なに酔っ払ってる?」
彼女「そー!ちょーいっぱい飲んだの!!」
俺「大丈夫?どこで飲んでるの?」
彼女「家ー。きゃはははは!!てゆーかね、きいれほしいんだけど。」
俺「うん。何?」
彼女「今日ね、いっぱいね、買い物してね、○万くらいかっちゃったー。きゃはははは」
俺「え?なにそれ大丈夫なの?なにかったの?」
彼女「にこにこ現金払いだからだいじょーぶっ!いぇい!!」
俺「・・・なに買ったの?」
彼女「あのねー■■(俺の名前)にねー指輪とねー
あたしにねー服とねー靴とねーバックとねーあとね・・・いっぱい!!」
俺「俺にも買ってくれたの?ありがとー」
彼女「そー。うふふふ。それでねー言いたいんだけどー」
俺「なに?」
彼女「■■(俺の名前)とそろそろちゅー以上のことがしたいですっ!!
きゃー言っちゃったー言っちゃったー」
俺「は、何?え?」
彼女「初めてなんでやさしくしてね!!きゃー言っちゃった言っちゃったー。
   はずかしー!ばいちゃー!きゃはははは」


次の日彼女と会ったんだけど、このことは何も覚えてなかったみたいで
指輪をサプライズのようにプレゼントされた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki