FANDOM


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 01:38:04.14 ID:MI+S76y0O
最初はただすれ違うだけだったAとB
しかし互いにAVコーナーに来る頻度が高く、それに伴いすれ違う回数も多かった。
会話などしたことはない、ただすれ違うだけ。
しかしいつしか二人は、お互いの好みを把握し、
どの順番で回りどのタイミングですれ違うかも熟知していた。

そんな日が続いたある日、二人はまたすれ違った。だがこの日は普段と違っていた。
初めて合った目線、いや、明らかなアイコンタクト

二人はすれ違い様に相手の好みに合わせたDVDを交換し、
何事もなかったかのように自身の聖域へと歩いていった
打ち合わせなどしていない、会話もしていない…だが二人にはわかっていた、通じ合っていた、
「今日、このタイミング」だと

もし行き着けの店がなくなっても、二人はまた必ず出会うだろう
すれ違っていても心はいつも繋がっているのだから

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki