FANDOM


423 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:44:09 ID:RHwjRerU0
俺は都会から少し離れた郊外のアパートに住んでいる。
建物がピンクを主体としたカラーで洒落た造りをしてるので、巷では女の子に「カワイイ♪」
と評判なせいか、殆どの部屋は女の子が住んでいてこの棟に住んでる男は俺しかいない。

ある日、隣の空き部屋に女の子が引っ越してきた。
作業もひと段落したようで、俺の部屋に挨拶に来たその瞬間、彼女の姿を見て一目惚れしまった!
俺は、これからの生活も楽しくなりそうだな♪ と期待感を持ったがふと気づいたんだ。
そういえば隣の部屋はいわくつきの部屋なんだよな、俺が住んでた頃は何もなかったのに。

俺は何かが起きたら彼女を守ろうと決意した!でも霊感のない俺がどうやって守れるんだ!?
とりあえず彼女の留守宅へ行き、素人考えで霊の入りそうな所に塩を盛る。

…それにしても散らかった部屋だ。容姿はカワイイのにぶっきらぼうな性格なのかな?
俺は倒れて放置されたビール缶を片付け、脱ぎっぱなしのシャツをたたんでやる。
風水でも汚い所はよくないって言ってたからな、幽霊もきれいな所にはこないんだろう。。
それでも何事かが起きたら俺がヒーローのように駆けつけてやるんだ!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki