FANDOM


348 : 滑車(静岡県) :2010/01/01(金) 22:36:16.07 ID:vgO9yhZM
数学者と統計学者と会計士とプロレスラー(2人)の5人が、ある会社の入社面接を受けた。
まず数学者が面接会場に入室した。

面接官は、「1たす1はいくつですか?」と質問した。
数学者は、「2です。」と答えた。
面接官は、「きっかり2ですか?」と聞き返した。
数学者は、「何をおっしゃいます。1たす1はきっかり2にきまってます。」
と答えた。

次に、統計学者が入室した。
面接官は、「1たす1はいくつですか?」と質問した。
統計学者は、「およそ2ですね。」と答えた。
面接官は、「およそですか?2きっかりじゃないんですか?」と聞き返した。
統計学者は、「はい。最初の1と1に誤差がある可能性がありますのでね。」
と答えた。

次に、会計士が入室した。
面接官は、「1たす1はいくつですか?」と質問した。
すると会計士は、やおら席を立ち、入口の扉に鍵をかけ、窓のカーテンを
閉めた後、面接官の隣に腰を下ろし、面接官の耳元にささやいた。
「1たす1を、いくつにしたいのです?」

次に、プロレスラー 2人が入室した。
面接官は、「1たす1はいくつですか?」と質問した。
するとプロレスラーは服を脱ぎ捨て、怒鳴りをあげた。
天山「オレたちがチャンピオンだ、永遠のな!」
小島「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ!10倍!」

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki