FANDOM


988 名前: 恋人は名無しさん Mail: sage 投稿日: 2009/08/08(土) 00:08:22 ID: 8btllU5w0
1月くらいだったかな…
高校時代によく喋ってた(友達とまではいかない)人と
たまたま仕事終わった帰りに出くわして懐かしい話をしながら歩いてた
流れで肌が乾燥するねーって話になって
相手「口とかガサガサになるw」
私「あ、なんならリップ持ってるよ。使う?」
相手「えっ?」
私「えっ?」
相手「…それってさ、えーと…」
女「?…(もしかして間接ry)あ!えと…そうじゃなくて~」
恋愛経験0の喪女だったけど飲み会とかでも普通に
同僚と回し飲みとかしてたんでその辺に考えが及ばなかった

相手「……あのさ、今はつけてる?」
私「へ?ああリップ?塗ってるよガサガサだしw」
相手「…じゃ、こっちもらう」
で、急に腕引っ張られて10秒くらい唇押し付けられた
唐突過ぎて頭真っ白
向こうは私の腕掴んだまま顔真っ赤にして目逸らしながら
「高校の時から気になってた。良かったら付き合って」
って言うもんだからなんか勢いで首縦に振ってしまいそのまま付き合うことに
今年の冬に結婚予定



って人生が送りたい

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki